歯の痛み 原因

歯科技工士が教える歯の痛みの原因!

 

 

はじめまして!歯科技工士タカハシと申します。

 

実際に技工士として現場で働いていた私が歯の痛みの原因について教えていきたいと思います!

 

歯が痛くても自分で鏡で見て異常がないからと放置していると
最悪歯を失う可能性もあるのできちんとした知識を学んで生かしましょう!

 

 

歯の痛みの原因はどんなものがあるのか?

 

 

 

一言に歯の痛みと言っても

 

むし歯、歯周病、知覚過敏、副鼻腔炎、歯ぎしり・・・

 

数えるとキリが無いくらい原因が考えられるのですが
実は歯の痛みの原因の7割は虫歯と歯周病なんですよね。

 

 

 

 

なので歯が痛むときはまず虫歯の有無の確認をよ〜くするのと
歯がグラついていないかの確認もした方がいいでしょう。

 

痛む歯が確実にわかるときは歯科医院で診てもらうときドクターに言うようにしてください。

 

レントゲンでは写らない虫歯もあったりしますし
また見た目は健康的な歯でも中が虫歯で侵食されてる場合もあるので注意ですね!

 

歯医者に行かず痛み止めの使用は危険!

 

 

歯が痛むけど市販の痛み止めで抑えられるからまだ歯医者には行かなくていいや・・

 

もしあなたがそんな風に思っているとしたら危険信号だと思ってくださいね!

 

虫歯は進行具合をC1〜C4までの四段階で表します。

 

 

歯ブラシのブラッシングで改善できるのはせいぜいC1が限界で
それ以上に進行すると歯医者で治療が必要になってきます。

 

 

この虫歯を放置していると虫歯菌が歯をどんどん侵食していって
しまいには顎の骨などに細菌が入ったりして腫れたりする症状が出てきます。

 

そうするとまた別の治療が必要となり
費用や時間を大幅に失うことになり同時に歯も無くします。

 

 

なので歯に痛みを感じたら市販の痛み止めはできるだけ使用せず
歯医者で診てもらうようにしましょう!

 

早期発見、治療ができるだけダメージを少なくできますのでね。

 

 

虫歯や歯周病を予防するにはどうすればいいの?

 

 

 

虫歯や歯周病を予防する方法は非常にシンプルで
歯磨きで口腔内の衛生管理を徹底すれば防ぐことができます。

 

 

普通の歯磨きで口腔内ケアがちゃんとできる人は良いのです。

 

しかし、自分ではちゃんと磨いているつもりなのに虫歯が出来てしまう人は
細かいところまではしっかり磨けていないのです。

 

 

歯科医院で衛生士さんとかが歯磨き方法を教えてくれたりしますが
私が思うにもっと楽で簡単は方法があります。

 

 

それは電動歯ブラシを使用して歯磨きをすることですね!

 

 

 

電動歯ブラシなら手磨きのように細かくブラシをあてる必要もないし
細かい歯周ポケットの歯垢も除去できるので手磨きよりも安心ですね。

 

 

私がおすすめする電動歯ブラシについては下記リンクで説明していますので
良かったら見てみてくださいね!